お肉で人を元気にするブログ

内藤精肉店が、お肉のおいしい情報をお伝えします。

本年も宜しくお願い致します

お客さま様各位

新年あけましておめでとうございます。

昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。

本年も、より一層のご支援を賜りますよう、
従業員一同心よりお願い申し上げます。

平成三十年 元旦


鳳来牛の木製看板を手に入れました


つい先日、鳳来牛を取り扱うJA愛知東さんより、
鳳来牛の木製看板を作成されたとの情報を頂きました。
すると、試作品の段階ですが
もしよかったら受け取ってて下さいと
思ってもない嬉しい言葉を頂戴しました。

この歳末も豊田市を中心に
積極的に鳳来牛の美味しさをお伝えしようと
準備を着々と進めておりますが
こういった形で価値あるものを手にすると
俄然やり甲斐がでてくるというものです。

上記の木製看板は、下の写真にありますよう、
歳末ご予約受付窓口の横に鎮座しています。
よろしければお買い物のついでにご覧下さいませ。

当店のちょっとした自慢が、
またひとつ増やすことができました。


季節の変わり目、様々な用途のお肉がいっぱい





めっきり気温も下がり
街並みも秋色が増してきたように感じます。
秋といえば、私たち的には
やっぱり“食欲”といわざるを得ません。

私たちは、お肉を用いて
お客さまの食卓をでプレミアムに彩ることが
得意中の得意ですが、
その前に本日は(も)店内が彩られてしまって
自画自賛しちゃってました。

すき焼き、焼肉、しゃぶしゃぶ 等々

今はどれを選んでも美味しい季節ですね。


【週末の食卓をプレミアムに】




気温がぐっと下がった今週末、鍋や煮込み料理が恋しい季節となりました。

只今、店頭では第11回全国和牛能力共進会において
愛知県代表の中でトップの成績を収められた
源氏肥育組合の久保田さんが育てられた鳳来牛のすき焼き肉をはじめ、
ツヤッツヤの牛スジやプリップリの牛レバーた所狭しと並べられています。

写真を撮影していたら、思わず肉料理のことを思い浮かべてしまい
ついついお腹が鳴っちゃった三浦からの報告でした。


鳳来牛のふるさと、訪問しました。

本日は、写真撮りを目的に
鳳来牛のふるさと
久保田さんが育てる源氏肥育組合さんに
二ヶ月ぶりに伺うことができました。



何度、伺っても実感するのですが
マイナスイオンが全開の空気のうまさです。
奥三河の大自然に流れる豊川沿いに群なる
久保田さんの農場から眺めはこれまた絶景、

心身のリラックスにもってこいです。



餌やりをしながら鳳来牛を見守るのは
久保田さんのご長男、剛司さんです。

様々な会話の端々に
父親でもある社長の考えを素直に尊敬する姿勢は
正直、感動しました。
鳳来牛のうまさは、人の心から始まることを痛感します。

これからも、感動をもたらす味わいを作り続けて下さい。
末永く応援していますよ。
よろしくお願いしますね。