お肉で人を元気にするブログ

内藤精肉店が、お肉のおいしい情報をお伝えします。

3ページ目

赤身肉を炭火で。食べ比べレポート!

いつも情報発信をしてくれている“こだわりん“さんと、
鳳来牛と段戸山高原牛を炭火焼きで食べ比べしました。

使用したのはどちらも「かめのこ」という部位。
赤身がおいしいもも肉の中でも、少ししか取れない部分です。

結論から言うと、どちらも...ほんとうに、うまい。

違いを挙げるならば、
噛んだときに脂が広がり、コクがある味わいの鳳来牛。
噛めば噛むほど肉の旨みが感じられる段戸山高原牛。
と、言ったところでしょうか。


どちらも、とても人柄の良い農家さんが
心を込めて育てている肉牛です。
おいしさは、関わる人が作り出している。と
改めて思いました。

Kodawarinのサイトには、赤身によく合う調味料や
いちばんおいしい食べ方の情報もありますよ。
ぜひご覧ください。
七輪BBQ!ただ、うますぎる赤身肉。



脂身が苦手な方でも大丈夫。「お肉のトリミング」とは!?


おいしいお肉が食べたい..!けれど、脂身が気になる。という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

内藤精肉店では、脂身を綺麗にカットしてから、グラム売りをすることが可能です。

...そう、余分な脂身を綺麗に取り除くことを「トリミング」と言いますが、内藤精肉店では、その技術を作年度から高めています!

トリミングすると、味や食感はどう変わるのでしょうか?
食の作り手の物語を伝えるKodawarin(こだわりん)のキュレーターである、管理栄養士の内藤ゆりえさんに食べ比べて頂きました。

その動画がこちらです。
お肉好き必見!トリミングするとお肉はどうなるのか?



材料3つ!揚げないメンチカツの作り方。

キャベツを切って、ひき肉をこねて、調味料を合わせて、油で揚げるなど工程が多く大変なイメージの「メンチカツ」。

この記事では、そんなメンチカツを材料3つで揚げずに作る方法をご紹介します!
秘密はすでにハンバーグになっているものを使うこと…!笑。それを、一度崩してメンチカツにするんです。

「え…!?すでにハンバーグになっているものを崩してメンチカツにするなんてもったいない…。」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?!

実はこれ、内藤精肉店の裏メニュー的な食べ方です。

使ったのは、こちらのハンバーグ


詳しい材料と作り方は、Kodawrainさんが説明してくれていますので、ご覧ください。

●動画はこちら

●記事はこちら
【Kodawarin記事】材料3つで手軽に♪揚げない!焼きメンチカツの作り方

簡単にできますので、アレンジメニューとして是非是非お試しくださいませ。